noto-aburi.com

珪藻土コンロ

  • HOME »
  • 珪藻土コンロ

珪藻土とは

珪藻土顕微鏡

珪藻土顕微鏡

珪藻土とは、水中で繁殖する藻の一種である珪藻が、海や湖の底に沈んでたい積し、長年の間に化石化して岩石となったものです。
コンロ、建築資材、輪島塗の下塗材としても使われている珪藻土。能登の珪藻土は多孔性により断熱性、保湿性、調湿性、吸収性、脱臭性、遮音性に優れています。

能登「珠洲」と珪藻土コンロ

3_坑道内採石作業 web

坑道内採石作業

能登半島の土の4分の3は珪藻土です。珠洲市の埋蔵量は能登半島全体の9割を占め、日本一を誇ります。
また、珠洲は日本で唯一、岩石を切り出したものをそのまま削って製品に仕上げる「切り出しコンロ」を製造している地でもあります。珠洲市には4社が珪藻土コンロを製造しており、「切り出し」、「練り」、「貼り合わせ(珪藻土断熱レンガ使用)」の3つの製法でつくられています。

 

珪藻土コンロの特性

貼り合わせコンロサンマ炙り

貼り合わせコンロサンマ炙り

珪藻土で作られた炭火コンロは、高い断熱性により、外側が熱くなりません。また、炭火を使うことによって、炭火の遠赤外線が熱を素材(食べ物)の中まで均一に通し、しっとりと焼き上げます。さらに灰はアルカリ性であるため、タンパク質の酸性と中和して「旨み」をだす作用があります。

贅沢な炙りの時間・空間

炙り貝焼き

炙り貝焼き

火を囲むと、人は心が開かれるようです。

ゆったりとした時間と空間を、大切な人と過ごしませんか。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
奥能登国際芸術祭公式webリンク

奥能登国際芸術祭公式webリンク

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © Noto Aburi Project サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.