noto-aburi.com
炙りBlog

奥能登国際芸術祭2017

奥能登国際芸術祭2017 No.38 炙りBar@サザエハウス

雲ひとつ無い、秋晴れの空。黄金色に輝く稲を、ちょうど稲刈りが行われていました。はさがけの里山里海そのものの風景のその奥に佇んでいたのが、村尾かずこさん作の作品No.2 サザエハウス。 訪れる人が絶えない人気スポットとなっ …

奥能登国際芸術祭2017 No.38 炙りBar@鍵主工業

9月9日(土)に、第1回目の炙りBarを開催しました。場所は、鍵主工業前。ここは、自社製品のみならず、各社の珪藻土コンロに触れることができる「珪藻土資料館 七輪の里」を併設しています。炙りBarのスタートにはぴったりの場 …

奥能登国際芸術祭公式webリンク

奥能登国際芸術祭公式webリンク

最近の投稿

Noto Aburi Project とは

丸の内朝大学 地域プロデューサークラス能登編から生まれたプロジェクトです。石川県能登半島の先端にある珠洲市が誇る珪藻土コンロと手作りの炭を、そのコンロと炭が生み出す「炙り」の楽しさを、能登のよさを伝えるため、このプロジェクトは生まれました。 炙りは日本にしかない食文化です。 炭火を中心に人が集う。食卓が美味しくなる。 あなたも、炙りが生み出す時間・空間を体験しませんか。

PAGETOP
Copyright © Noto Aburi Project サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.