雲ひとつ無い、秋晴れの空。黄金色に輝く稲を、ちょうど稲刈りが行われていました。はさがけの里山里海そのものの風景のその奥に佇んでいたのが、村尾かずこさん作の作品No.2 サザエハウス。

訪れる人が絶えない人気スポットとなっていました。

近づくと、膨大な量のサザエがびっしり。壁面から巨大なまちのうねりのようなエネルギーを感じました。一方で対照的な中の漆喰の空間もぜひ、体感していただきたいです。
 

そして、なんと、第2回目の炙りBarは、このサザエハウスの前で、9月10日(日)に開催させていただきました。

サザエハウスの前で、サザエ炙り!

能登の風景とサザエの味を噛みしめます。

この日は、瀬戸内国際芸術祭のこえび隊の皆さんも駆けつけてくれました。うどん県とサザエ&エイヒレのコラボです。

炙りものはほぼ完売。最後まで賑わっていました。アートの前で、火を囲み、五感で感じる愉しさを、少しでもお伝えできましたでしょうか。

ご参加いただき、ありがとうございました。また、珠洲のどこかでお会いしましょう!

全スケジュール
9/9 土 15:00-16:00 蛸島 鍵主工業前
9/10 日 10:30-12:00 作品№02 サザエハウス(赤神の小屋) 周辺
9/23 土 17:00-19:00 禄剛埼灯台 周辺
9/24 日 10:30-15:00 見付園地野営場
10/7 土 14:00-15:00 作品№01 時を運ぶ船(旧清水保育所)周辺
10/8 日 10:00-12:00 ラポルトすず 周辺