9月9日(土)に、第1回目の炙りBarを開催しました。場所は、鍵主工業前。ここは、自社製品のみならず、各社の珪藻土コンロに触れることができる「珪藻土資料館 七輪の里」を併設しています。炙りBarのスタートにはぴったりの場所。この日も工場は稼働中で、煙突から白煙が上がっていました。この風景を背景に、炙りの場をつくります。

本日のマスターはこの4名。左から、
鍵主さん(鍵主工業)
石崎さん(丸和工業)
河原さん(能登ダイヤ工業)
大野さん(大野製炭工場)

そして、用意した炙りものは、いしる干しホタルイカ、干し甘エビ、宗玄清酒漬けえひいれ、太鼓饅頭、いも菓子、いか煎餅。飲み物として、塩サイダーと塩レモンも。

炭は、大野製炭工場の炭。熾火も美しいです。
 

早速、ホタルイカ投入! 踊り始めた頃が食べごろです。エイヒレも投入されました。
 

珪藻土コンロと言っても、各社様々な形があり、工夫がなされているのもポイントです。

そして、今回初デビューしたのが、この久谷焼とコラボしたこちらのコンロ。インテリアにもぴったりです。今後の珪藻土コンロの可能性が広がるコラボでもあります。写真では、側面を写せていないので、ぜひ、実物をじっくりご覧いただき、マスターに開発の秘話を聞いてみてください。

そして、この日のサプライズとして、アワビを持ち込みの方が現れました。これには、この場に居合わせた人たちのテンションが上がりました。今後も、持ち込み、大歓迎です!
 

七輪の里を背景に、美味しい能登の食べものを片手に炭火を囲み、マスターや居合わせた人々と語り、ひと時を共有するーー、そんな場をお楽しみいただけましたでしょうか。

順調なスタートを切った炙りBar。会期中、ぜひ、見つけて炙りに来て下さい!

全スケジュール
9/9 土 15:00-16:00 蛸島 鍵主工業前
9/10 日 10:30-12:00 作品№02 サザエハウス(赤神の小屋) 周辺
9/23 土 18:00-19:00 禄剛埼灯台 周辺
9/24 日 10:30-15:00 見付園地野営場
10/7 土 14:00-15:00 作品№01 時を運ぶ船(旧清水保育所)周辺
10/8 日 10:00-12:00 ラポルトすず 周辺