noto-aburi.com

炙りBlog

奥能登国際芸術祭2017 No.38 炙りBar@サザエハウス

雲ひとつ無い、秋晴れの空。黄金色に輝く稲を、ちょうど稲刈りが行われていました。はさがけの里山里海そのものの風景のその奥に佇んでいたのが、村尾かずこさん作の作品No.2 サザエハウス。 訪れる人が絶えない人気スポットとなっ …

奥能登国際芸術祭2017 No.38 炙りBar@鍵主工業

9月9日(土)に、第1回目の炙りBarを開催しました。場所は、鍵主工業前。ここは、自社製品のみならず、各社の珪藻土コンロに触れることができる「珪藻土資料館 七輪の里」を併設しています。炙りBarのスタートにはぴったりの場 …

奥能登国際芸術祭2017 №38 炙りBar スケジュール

奥能登国際芸術祭2017出展作品。 Noto Aburi Project 作品№38 炙りbar スケジュールをご紹介します! 珠洲市が誇る、珪藻土コンロと手づくりの炭 この二つが生み出す炙りの楽しさ ふらっとよりたくな …

奥能登国際芸術祭2017公式作品に採用されました!

Noto Aburi Projectとして、奥能登国際芸術祭2017作品公募へ企画提案いたしましたところ、奥能登国際芸術祭2017公式作品として採用されることになりました。 Noto Aburi Projectの紹介ペー …

フリーペーパー「へそのへそ」のご紹介

Noto Aburi Projectは、丸の内朝大学2013年地域プロデューサークラス能登編をきっかけに生まれたプロジェクトです。 能登編は、「輪島塗、能登杜氏、能登島、能登の里山里海、炙り」の5テーマで構成されていまし …

奥能登国際芸術祭公式フリーペーパー「おくノート」3号に紹介されました

2017年9月3日から10月22日まで開催される奥能登国際芸術祭2017 前年にあたる今年は、公式プレイベント「おくノート」が開催されています。 芸術祭公式フリーペーパー「おくノート」。 1号に能登燃焼器工業の舟場さんが …

奥能登国際芸術祭公式プレイベント「おくノート」WEB版公開!

  2017年9月3日から10月22日まで開催される奥能登国際芸術祭2017 前年にあたる今年は、公式プレイベント「おくノート」が開催されています。 そのPRとしてフリーペーパー「おくノート」が発行されているの …

HAB5chポイントで炙りキットが当たる!

HAB北陸朝日放送さんの企画「HAB5chポイント」。 HABの番組を視聴するだけでポイントが貯まり、プレゼントに応募できるという企画。 なんと、6月の商品に炙りキットが!!! ごめんなさい、お知らせが遅くなってしまいま …

炙りキット:珠洲市のふるさと納税返礼品に採用!

珠洲市に「ふるさと納税」すると、珠洲市の特産品が受け取れます! なんと、炙りキットが採用されていますよ。 一口5万円以上の寄付される方は、炙りキットを選択することができます。 詳しいことは、珠洲市産業振興課(0768-8 …

【食のイベント】食祭 珠洲まるかじり

2月ですが、温かい日が続いています。 さて、2月といえば、珠洲で一番大きな食イベント「食祭 珠洲まるかじり」があります! なんと、炙りコーナーあり!!!(イベント上は炭焼きコーナーとなっていますが・・・) 食のテント村で …

1 2 3 4 »
奥能登国際芸術祭公式webリンク

奥能登国際芸術祭公式webリンク

最近の投稿

Noto Aburi Project とは

丸の内朝大学 地域プロデューサークラス能登編から生まれたプロジェクトです。石川県能登半島の先端にある珠洲市が誇る珪藻土コンロと手作りの炭を、そのコンロと炭が生み出す「炙り」の楽しさを、能登のよさを伝えるため、このプロジェクトは生まれました。 炙りは日本にしかない食文化です。 炭火を中心に人が集う。食卓が美味しくなる。 あなたも、炙りが生み出す時間・空間を体験しませんか。

PAGETOP
Copyright © Noto Aburi Project サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.